読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiriya-systemの日記

きりやシステム技術ブログ http://www.kiriya-system.com/

fuelPHP、jenkins、php_codesniffer連携

fuelPHP、jenkins、php_codesniffer連携

fuelPHPのコード規約のチェックを自動化しつつ、結果をグラフで 見えるようにする。

 

http://oscasierra.net/2013/05/jenkins-to-redhat/

 

ここを参考にansibleのplaybookは以下のような感じ

antとPHP_CodeSnifferも入れてる

 

  tasks:
    - name: install java
      yum: name=java-1.7.0-openjdk.x86_64 state=installed
    - name: install ant
      yum: name=ant state=installed
    - name: jenkins repo install
      shell: wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
    - name: jenkins repo install
      shell: rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
    - name: install jenkins
      yum: name=jenkins state=installed
    - name: jenkins enabled
      service: name=jenkins state=running enabled=yes
    - name: install PHP_CodeSniffer
      shell: pear install PHP_CodeSniffer

 

 

fuelPHPのコーディング規約をインストール

git clone https://github.com/eviweb/fuelphp-phpcs.git

mv fuelphp-phpcs/Standards/FuelPHP/ /usr/share/pear/PHP/CodeSniffer/Standards/

 

コマンドラインで実行は以下の通り

実行場所はプロジェクト直下

phpcs --standard=FuelPHP --extensions=php --ignore=hoge1.php,hoge2.php fuel/app/classes

--ignoreに除外ファイルを指定できる。

対象ディレクトリはapp/classesのみとした。

 

詳細をみたい場合は、-v

この場合はfuel/app/classes以下のパスも指定するのが吉

 

 jenkinsで新規ジョブ作成

フリースタイルを選択

ソースコード管理に使用しているsubversionのアドレスを入力

ビルドantを追加、ビルドファイルはbuild.xmlとした。

 

プロジェクト直下にbuild.xmlを作成

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<project name="hogehoge project" default="build">
 <target name="build" depends="phpcs"/>


 <target name="phpcs"
         description="Find coding standard violations using PHP_CodeSniffer and print human readable output. Intended for usage on the command line before committing.">
  <exec executable="/usr/bin/phpcs">
   <arg value="--report=checkstyle" />
   <arg value="--report-checkstyle=checkstyle.xml" />
   <arg value="--standard=FuelPHP" />
   <arg value="--extensions=php" />
   <arg value="--ignore=hoge1.php,hoge2.php" />
   <arg value="${basedir}/fuel/app/classes/" />
  </exec>
 </target>
</project>

jenkinsの管理画面からcheckstyleプラグインをインストール

ビルド後の処理にCheckstyle警告の集計を追加

checkstyle.xmlを指定

 

これでジョブにphp_codesnifferの結果がグラフ化されるはず。

 

 phpunitも入れてるが、その設定は後程。